NEWS

奈良の名勝庭園 依水園でお茶を点ててきました

奈良の名勝庭園 依水園でお茶を点ててきました

こんにちは、MATCHA Labです。奈良の「依水園」でお茶を点ててきました。素晴らしい名勝庭園である依水園についてご紹介します。 続きはこちらからご覧ください。

Read more →


大聖護国寺でお茶を点ててきました

大聖護国寺でお茶を点ててきました

こんにちは、THE MATCHA CLUBです。「仏像41体・令和の大修復プロジェクト」など精力的な活動をされている大聖護国寺にてお茶を点てて参りました。 今回は大聖護国寺についてご紹介します。続きはこちらよりご覧ください。  

Read more →


大聖護国寺

こんにちは、THE MATCHA CLUBです。「仏像41体・令和の大修復プロジェクト」の活動をされている大聖護国寺にてお茶を点てて参りました。今回は大聖護国寺についてご紹介します。   大聖護国寺は創建800年を迎えた高崎の古刹です。 徳川五代将軍綱吉の母 桂昌院様とゆかりがあり、寄進された五大明王像・三十六童子(修復中)が本堂に安置されております。 大聖護国寺は、その名の通り、東京の護国寺と深い関係があります。 江戸時代、大聖護国寺の二十四代住職良賢僧正が、桂昌院様に招かれて開かれたお寺が、現在の音羽の護国寺です。 広く知られているように、音羽の護国寺では茶道の大きなお茶会がこれまで何度も開催されてきました。 流派の宗匠による献茶式もあれば、1日に数百人が訪れる大寄せの茶会など、茶道を習ったことがある方にとっては、大変馴染みのあるお寺だと思います。 多くの茶室もあり、東で最も華やいだ茶会の会場として全国に知られています。   音羽の護国寺とご縁のある、こちらの大聖護国寺もそのきっかけになったことも因み、『桂昌庭』と名付けた枯山水のお庭と、茶室を設けました。   拝観に訪れた方々に、茶を喫して頂き、その風情を楽しみながら、高崎の文化や歴史に触れてほしい、という御住職の思いから 築かれました。     今後、コロナが落ち着いた際には、東京の護国寺のように、様々な茶会が開かれ、新たな文化の発信拠点となることを目指しています。 ぜひお気軽にお越し下さい。 ●仏像41体・令和の大修復プロジェクト〜200年の時を経て〜 桂昌院様寄進の五大明王、不動三十六童子修復が現在進行中であります。 皆様のご寄付、お待ちしております。 https://butsuzo-rebirth41.com

Read more →


禅寺としての恵林寺 ― 恵林寺住職 古川老師

THE MATCHA CLUB コラム「恵林寺を訪ねて」第3回。恵林寺ご住職の古川老師に、禅寺の喫茶が果たした役割について伺いました。        山梨県甲州市塩山にある乾徳山恵林寺は、開創を1330年にさかのぼる臨済宗妙心寺派の禅の名刹です。 開山は、夢窓国師です。1275年に生まれ、鎌倉時代の末期から南北朝時代を経て、室町時代に至るまでの、戦乱の時代に生きた夢窓国師は、激動のただ中にあって数多くの優れた弟子を育てあげ、生前・没後あわせて七人の天皇から国師号を授るなど、時代を代表する禅僧として知られています。     国師はまた、歌人として和歌に優れ、漢詩人としてもその名を歴史に残していますが、それ以上に、特に作庭家として卓越しており、世界遺産にも指定されている京都の西芳寺(苔寺)、天龍寺をはじめとする禅宗庭園を日本各地に幾つも造り、禅芸術の美の基準を定め、その後の日本文化の形成発展に大きな影響を与えました。     恵林寺は開創以来、代々この夢窓国師の弟子たちが天皇の綸旨を受けて住職を務め、国師の手になる禅宗庭園を護りながら、高い文化的な教養を布教の中心に置いてきました。 この伝統は、恵林寺の名前をいっそう高めた戦国武将武田信玄にも受け継がれ、武田信玄は、美濃から当時最高の禅僧の一人であった妙心寺派の快川国師を招き、恵林寺を自身の菩提寺に定めました。こうして、武田信玄と快川国師の二人のもとで恵林寺は、多くの優れた禅僧を輩出する黄金時代を迎えました。     戦国最強と謳われた武田信玄は、優れた武将というだけでなく、和歌を嗜み、漢詩を詠み、茶の湯に通じ、禅に傾倒して坐禅修行に励み、優れた禅僧を招いてその指導を仰ぎ、高い教養と深い宗教的な感性をそなえ持った、第一級の文化人という顔を持っていました。     この信玄亡き後、武田一族は滅亡し、恵林寺も一度は戦乱の中で兵火にかかって焼滅してしまいましたが、戦国の戦乱を平定し、天下を統一した徳川家康の庇護のもとで、復興を果たします。 開創以来の伝統にしたがい、この復興の道程においても恵林寺は、代々宗教家としてのみならず文化的、芸術的に高度な教養を兼ね備えた一流の禅僧たちが住職を務めてきました。     今日においても、恵林寺の住職は、長い年月にわたる修行を通じて別格の存在として認められる老師という立場の僧侶のみが務めることになっています。 こうして恵林寺は、夢窓国師自作の恵林寺庭園をはじめ数多くの貴重な文化財を護りながら、坐禅や茶の湯、寺子屋教育などの文化的発信を続けているのです。  

Read more →


禅寺の喫茶が果たした役割 ― 恵林寺住職 古川老師

THE MATCHA CLUB コラム「恵林寺を訪ねて」第2回。恵林寺ご住職の古川老師に、禅寺の喫茶が果たした役割について伺いました。   喫茶の習慣が日本にやって来たのは、記録によれば、天平元年(729)に聖武天皇によって仏教儀式として用いられたものが最初だとされています。 その後、最澄が唐から茶の種を持ち帰って比叡山に植えたといわれていますが、本格的に日本に定着させたのは、禅僧である栄西です。栄西は、建久2年(1191)に茶の種を持ち帰って筑前の背振山に播き、さらに建保2年(1214)には、源実朝のために『喫茶養生記』を著しています。     栄西はまた、お茶を飲む時に、粉末にしたお茶を茶筅で混ぜる抹茶の飲み方も日本に伝えました。そして、この栄西が伝えた抹茶が文化として定着し、茶の湯の道として日本独自の深化発展を遂げ、千利休を経て世界に広まりました。 茶の湯の道と禅との深い関わりは、このように、栄西に始まります。抹茶の飲み方の源流は中国ですが、今日世界中で嗜まれている抹茶もまた、栄西によって始まるのです。栄西は、日本では「茶祖」と讃えられています。     さて、喫茶の習慣は、薬用として、儀式用として、そして嗜好品として日本に定着しましたが、日本独自の進化を遂げた「茶の湯」と禅の関わりは、その後も続きます。 茶の湯の道を「佗茶」として完成させたのは、堺の町衆である武野紹鷗と千利休ですが、紹鷗も利休も、ともに禅僧に就いて厳しい修行を重ねました。「佗茶」のもつ深い精神性は、禅との出会いの中で育まれたものなのです。     それでは、なぜ、ただお茶を飲む、という単純な行為に深い精神性を持たせる必要があったのでしょうか? それは、修行を徹底的に日常化し、立ったり座ったり、食事をとったりお茶を飲んだりといった、あたりまえの一挙一動にも気を抜くことなく悟りの契機を探し求める、という禅の精神に由来します。     仏教の修行は、瞑想を中心にして行われますが、どれほど日常生活を削り、瞑想の時間に充てるとしても、そこには自ずと限界があります。禅はここで発想を逆転し、日常生活のあたりまえの動作の中に高い集中と緊張をもたらし、日常の全体を修行化したのです。 その結果、日常の一挙一動だけではなく、茶碗や茶釜、茶杓や水指に始まり、茶室、路地...単なる喫茶の道具もまた、修行のための深い精神性を反映し、高度な洗練と芸術性を持つに至ったのです。  

Read more →